海洋深層水とは

海洋学上の深層水は大洋の深層に分布する海水のことで、北大西洋のグリーンランド沖と南極海の、地球上の2箇所で形成される北大西洋深層水と南極低層水のことを示します。これらの深層水は熱塩循環によっておよそ2000年かけて世界中の海洋を移動しており、千年単位の地球の気候にも重要な関わりを持っているのです。

しかし、一般的な産業利用上の海洋深層水とは、水深200m以下の海水のことを言い、単純計算で海水の約95%が海洋深層水であるといえます。私たちが身近なところで耳にする「海洋深層水」は主にこの意味です。

海の表面に近いところにある表層水と深いところにある深層水は密度が異なるため層になっています。海水が深くなればなるほど水温が下がり、温度の異なる海水は上下方向で混ざり合うことはありません。また、流れも異なり、海洋深層水は清浄で安全な海水として知られており、豊富なミネラルや栄養素がバランスよく含まれているため、さまざまな効果が期待できるとして注目されています。

海洋深層水は太陽の光が届く表層水とは異なる性質や反応を持った海水のことを言います。近年では各国での生活排水や産業排水などによる水質汚染がいろんな分野で問題になってくることも多いのが現状ですが、深層水はその影響を受けることはなく、カルシウムやマグネシウムなど豊富でバランスの取れたミネラル成分が含まれているとされています。海洋深層水に栄養素がぎっしり詰まっているのにはわけがあり、長年に渡って表層からあらゆる物質が沈み蓄積されてきたことによると言われています。それに加えて太陽の光が届かない深海ですので、植物プランクトンなどによる光合成が行われず、無機栄養塩が無駄に消費されることなく豊富な状態が保たれるのです。

ちなみに無機栄養塩とは、窒素・リン・ケイ素などの栄養源のことを指し、これらの物質が豊富な海には、質の良い魚介類が多く生息しているとも言われています。

海洋深層水は非常に低温なので、水質悪化の要因となる有機物の生成が少なく、地上や表層水には当然のように生息している大腸菌やその他の細菌が存在しないというメリットもあります。

海洋深層水は清潔で安全性が高く、ミネラル成分を豊富に含んでいることから、飲料水として優れた特性を備えているだけでなく、産業や医療業界など、さまざまな方面で研究が進められています。

有害な化学物質に汚染されていない海洋深層水を使うことで、食品の味や食感が良くなり、うまみ成分も増すと言われています。最も身近な利用法はミネラルウォーターなどの飲料水や水産加工食品ですが、ミネラル成分を活かした化粧品や入浴剤、などにも多く使われています。

コメントを残す